脆弱性診断とセキュリティ

脆弱性診断とセキュリティ

パソコンのセキュリティーの脆弱性診断

パソコンを毎日使用しているが、多くの人はパソコン自体に詳しくないため、たんに道具として使って楽しんだり仕事をしたりしているだけだ。
それは車を乗り回すのと同じことで、車の構造や燃料を焚いて走らせてくれる理屈など、ほとんど知らなくても問題はない。もちろん良く知っていればちょっとした故障の時などには車の整備の専門家を呼ばなくても自分で何とかなるものであるが、それは一部の人の話で、たいていは車さえ動けばいいものだ。
パソコンも同じことで、液晶表示のことやインターネットの理屈など何も分からなくても使えればそれで十分に役に立つ。

しかし、世の中には愉快犯や悪意でパソコンのウィルスを作る者も多いようで、トロイの木馬ではないが、知らない間に添付ファイルなどにウィルスをしのばせてパソコンを攻撃し、ファイルを消してしまうような輩がいる。何が面白いのかは分からないが、愉快犯とはとんでもないやつらで、パソコン内のファイルが流出したり消えてしまったりすれば、その被害者は大変な迷惑を被る。だから、セキュリティ対策としてウィルスソフトを導入しているが、そのソフトの脆弱性診断なるものはどうなっているのかさっぱり分からない。

パソコンを開いていると定期的にウィルスチェックが行われ、その結果、ウィルスを発見したので対応を取って処分しました、などの報告が入っている。よく分からないなりに、スパムウィルスもひっくるめると毎日ウィルスに攻撃されているようだ。
新しいウィルスも次々に出来ているようで、それ用のウィルスソフトもバージョンアップされている。となればウィルスへのセキュリティーの脆弱性診断は十分満足なのだろうとも思うのではあるが、奈何せん中身についてはまるっきりわからないのである。いくつのウィルスを発見して、それを駆除しましたという報告だけだから。何かまるっきり知らない世界でいろいろな出来事が起こっているんだなという認識だけである。自分自身のパソコンへの関心やセキュリティーについて脆弱性診断をすれば、まるっきり弱いということか・・?

Copyright 2017 脆弱性診断とセキュリティ All Rights Reserved.